グループ沿革

繊維業から始まったヤマタケイグループ

創業者の竹内猪熊(たけうちいくま)が明治44年、静岡県浜北市宮口にて2台の織機で機織を始めたことが当社の起源です。その後、大正8年ごろから自社生産品以外の繊維取引業を始めており、現在の産元事業へと繋がっています。祖業である繊維産元事業以外にも、手形の割引業(金融)、製茶工場、軍需工場、蜜柑農園、損保代理店、学習塾など(いずれも現在は撤退)、時代に合せて様々な事業を展開してきました。

 

1911年 竹内猪熊、2台の織機で機織を始める(賃織業)
1919年 繊維の取引業を始める(産元事業の始まり)
1924年 浜松市板屋町新川端にて「山竹綿布商会」を設立
1931年 ポプリン(ブロード)の生産を開始
1937年 日本橋富沢町を本社として「合資会社竹内商店」を設立
1938年 上海の英租界に出張所を設ける(4年後撤退)
1946年 浜松市板屋町中通に浜松営業所を移転
1952年 浜松市宮竹町に織物工場・別珍コール天の仕上工場を設立
1954年 工場を浜松市有玉西町に移転
1955年 山竹猪産業㈱を登記
1958年 竹内猪熊、西遠柑橘開拓農業協同組合を設立。組合長となり、浜松市都田町にて蜜柑農園を開始
1975年 日本橋人形町に本社を移転
1988年 浜松市尾張町にて単身向け賃貸マンション「アルシェ浜松」竣工
1992年 日本橋人形町にて山竹・井手口共同ビル竣工。山竹猪産業、及びヤマタケイ物産本社となる
ドトールコーヒーFC事業の開始
1993年 子供服ショップ(現在のムーピーキッズ)オープン
1995年 浜松アクトタワー18階に浜松営業所を移転
1997年 ドトールコーヒー市ヶ谷プラザ店オープン
1999年 ドトールコーヒー人形町箱崎店オープン
2003年 北前そば高田屋千駄ヶ谷店オープン
2010年 ドトールコーヒーDSC新宿三井ビル店経営権取得
2011年 オフィスコンサル事業部発足、元気広場佐藤オープン
2015年 元気広場佐鳴台オープン
2017年 元気広場和合オープン